Home ≫ 【ご案内】熊本地震に関する重要なお知らせ(2016年4月)

【ご案内】熊本地震に関する重要なお知らせ(2016年4月)

熊本地方を中心に発生した地震により、被害に遭われた被災地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

ご利用いただいております弊社機器の修理・点検窓口
コールセンター 0120-151-400

断水復旧後の機器の取扱いに関して
断水からの復旧直後の水道水には配管内の汚れや赤錆が混じり、思わぬトラブルが発生する場合もございますので、事前に医院内の流し等で水を流して、水の状態を十分に確認してから、水道水を使用するユニットチェアへの給水開始並びに電源投入をお願いします。また、ユニットチェアをご使用になる前に、鉢やコップ給水の水に濁りや汚れがないかをご確認いただけますよう、お願い申し上げます。
尚、ご不明な点などございましたら、上記コールセンターにいただきますようお願い申し上げます。

停電復旧後の機器の取扱いに関して
通電前チェック: 建物のメインブレーカーをONにする前に、以下のご確認をお願いします
すべての機器の電源プラグをコンセントから抜いてください。
機器の通電前に外観をチェックし異常がないかを確認してください。 
機器の電源コードに押しつぶされた等のダメージがないかを確認してください。
水没や濡れた形跡のある機器はご使用しないでください。

通電後チェック: 建物のメインブレーカーをONにしたあと、以下のご確認をお願いします。
ひとつづつ機器の電源プラグをコンセントに接続し、スイッチをONにしてください。 
機器が正常に動作するかを確認してください。
次の場合はコールセンターにご一報ください。
*水没や濡れた形跡のある機器は、絶対に電源プラグをコンセントに差し込まないでください。 
*正常に動作しない場合は部品の故障が考えられますので使用しないでください。
*動作確認中、ケーブルのショートや異臭がした場合は、直ちに機器のスイッチをOFFにして、電源プラグをコンセントから抜いてください。

パソコンやパソコン周辺機器について
地震による落下や衝撃によって、弊社製品付属パソコンや周辺機器にダメージが発生している可能性があります。
特に機器内の画像データを保存するハードディスクに深刻なダメージが発生していると、画像情報等のデータが消失している場合がございます。ハードディスクのダメージでは修理対応できないケースも想定され、別の代品への交換が必要となりますが、完全復旧には画像情報等のバックアップデータが必要になります。地震によってバックアップデータまで被害が及んでいるケースでは、地震前の状態にデータ復旧ができない場合もございますのでご了承ください。

出張修理サービス
交通機関が乱れ、修理等のご訪問に遅れが発生するケースもございます。お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解をお願い申し上げます。製品の出荷地域によってはいまだ適切な納期をお約束することができません。大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解をお願い申し上げます。

カボデンタルシステムズ株式会社