カボデンタルシステムズジャパン株式会社/ KaVo Dental Systems Japan

Facebookページ
Home ≫ 【新製品】「KaVo OP 3D Vision」新発売(カボ 2017年7月)

【新製品】「KaVo OP 3D Vision」新発売(カボ 2017年7月)


3D撮影領域の選択が可能な歯科用CT撮影装置「KaVo OP 3D Vision (カボOP 3D ビジョン)」を7月3日より販売開始しました。

高画質、低線量、広範囲撮影と三拍子揃った機能を、最大限に活用することのできる秀逸なソフトウェアの組み合わせで、多くの臨床家から高い評価をいただいてきたKaVo 3D eXamのコンセプトはそのままに、導入時の3D撮影領域をV8、V10ならびにV17シリーズから選択することが可能となりました。3D撮影領域は臨床ニーズに応じてアップグレードすることが可能です。

最適な3D撮影領域の選択はより確実な投資を支援し、アップグレード可能な3D撮影領域は将来への拡張性をより確実にします。

 本製品は、患者さんの安全を第一に開発され、CT撮影時の被ばく線量を大幅に低減する「Quick Scan+モード」が搭載されています。この撮影モードはパノラマ撮影のおよそ半分(11μSv)の実効線量による3D撮影が可能となっており、より安全で安心な3D撮影条件の選択肢が増えました。

 今後とも、弊社は歯科医療メーカーのパイオニアとして、「医療被ばく線量の最少化」をはじめ、患者さんの安心と安全に貢献する歯科製品イノベーションをすすめてまいります。

製品詳細はこちらのページをご覧ください。