院内における感染管理と予防について

歯科医院において、毎日多くの患者さんと至近距離で処置を行う皆さまにとって、感染リスクは常に背中合わせです。 そこで、患者さんと歯科医院スタッフへの感染を予防するためには、感染管理に関する適切なガイドライン 「スタンダードプリコーション(標準予防策)」に基づく対策の実施が重要となります。 ここでは、医療器具の洗浄・消毒・滅菌について、どのような処理を行うべきかを種類ごとに明確に示した 「スポルディングの分類」基準に基づき、スタンダードプリコーションとともに弊社での感染対策への取り組みをご案内します。

※スタンダードプリコーション(標準予防策)とは
汗を除くすべての血液、体液、分泌物、排泄物、損傷のある皮膚、および粘膜には伝播しうる感染性微生物を含んでいる可能性があるという原則に基づいて行われる標準的な予防策です。感染が疑われる、または確定しているかどうかに関わらず、医療が提供される場においてすべての患者さんに対して行われるものです。

スポルディングの分類

  • カテゴリー
  • 消毒水準
  • 定義
  • 歯科器材・
    物品
  1. クリティカル
  2. 滅菌
  3. 人体における無菌組織や血管
    に挿入するもの
  4. 手術用器具、注射針、
    ハンドピース類、
    バー、ポイント類、スケーラー、エアースケーラーチップ、 ポケットプローブ等、根管治療用具(リーマー、ファイル、プラガー等)、血液・血液の混入した唾液に直接接する手術用器具類
  1. セミクリティカル
  2. 高水準消毒中水準消毒
  3. 粘膜または健常でない
    皮膚に接触するもの
  4. 印象用トレー、咬合紙ホルダー、
    口腔内ミラー等
  1. ノンクリティカル
  2. 低水準消毒
  3. 健常な皮膚に
    接触するもの
  4. トリートメントユニット、
    ドクタースツール、
    無影灯等

National Center for Biotechnology Information(USA)

FLOWスポルディング分類に基づく
医療器材処理の流れ

患者さんの血液、唾液や分泌は、感染症のおそれがあるとみなして対応する必要があり、また、使用後の歯科器材も同様に汚染されているため、適切な処理を施す必要があります。処理を怠ると患者さん及び歯科医院スタッフ全員に感染拡大のリスクが及びます。 ここでは、
スポルディング分類に基づいた医療器材処理の流れを見てみましょう。

  1. 器材使用後
  2. 使用済み器材の分別
    1. クリティカル器材
    2. 洗浄
    3. 乾燥
    4. 減菌
    5. 保管
    1. セミクリティカル器材
    2. 洗浄
    3. 消毒・
      すすぎ
      乾燥
    4. 乾燥減菌
    5. 保管
    1. ノンクリティカル器材
    2. 洗浄
    3. 消毒・
      すすぎ
    4. 乾燥
    5. 保管

洗浄・消毒・滅菌についての定義

洗浄とは
対象物からあらゆる異物(汚染・有機物など)を除去すること。
(表面に付着した汚れを洗い、すすぐこと)
消毒とは
対象物から細菌芽胞を除くすべて、または多数の微生物を除去すること。(必ずしも微生物をすべて殺滅するものではない)
滅菌とは
微生物をすべて完全に除去、あるいは殺滅すること。(無菌性保証水準(SAL)が10-6を満たしていること)

PLANKaVoの感染予防対策への
取り組み

交差感染防止のために感染予防対策を行うことは、患者さんの安全はもちろんのこと、
スタッフの安全を守ることにもつながります。
医療機関の品質向上のためにKaVoは滅菌対策を強力にサポートします。

KaVoハンドピースの
感染予防対策

KaVoはハンドピースの滅菌とトリートメントユニットの水消毒に取り組み続け、優れた衛生管理システムをご提案しています。

ハンドピースのカタログイメージ

1928年 世界初
滅菌可能なハンドピース発売

1928年に世界で初めて滅菌可能なハンドピースを製造し、
歯科診療における衛生面という分野に革新的な改善をもたらしました。

品質を維持する優れた滅菌耐久性

1928年に世界で初めて滅菌可能なハンドピースを開発して以来、KaVoは常に滅菌耐久性に優れた高品質な部品や設計、製造工程の改良に努めてきました。
繰り返しの滅菌にも耐え、高い品質を維持するKaVoのハンドピースは世界中の多くのお客さまから高い評価を得ています。

135℃で滅菌するイメージ
これは長期にわたってタービンの特性についてモニターした
レポート
です。(KaVo社調べ)
  的:
一般の歯科医院での日常診療におけるタービンの使用状況を調査するため。
調査環境:
20本のタービンを2つの違う歯科医院で、4人の一般的な歯科医師に30ヶ月以上にわたり毎日の治療で
使用してもらいました。
タービンは使用説明書に従い日常的に使用し、KaVoスプレー(もしくはクアトロケア)でメンテナンスしました。
すべてのタービンはKaVoのオートクレーブを使用し、134℃で 3分間滅菌しました。
  果:
KaVoのSuper-Torque LUX 650B タービンは、30ヶ月以上たっても使用可能でした。
~“in press” in Operative Dentistry~

DM Monaghan,NHF Wilson and BW Darvell Restorative Dentistry, GKT Dental Institute, King's College London; formerly Department of Operative Dentistry and Endodontology,

University Dental Hospital of Manchester. Dental Materials Science, Faculty of Dentistry, The University of Hong Kong.

サックバック 0.000001bar以下

安全性と衛生性を兼ね備えたタービン「KaVoマスタートルク」は、ダイレクトトップテクノロジーを採用し、サックバック0.000001bar以下を実現しました。 そのため、ハンドピース内への血液や感染物質の吸引(サックバック)がなく、より安心してご使用いただけます。

サックバック0.000001bar以下であるグラフ
汚れがつきにくく、衛生的な
プラズマコーティング

KaVoプラズマコーティングにより、汚れが付きにくく衛生的です。またグローブ着用時の高いグリップ保持力が得られます。
(KaVoマスターシリーズ)

コーティングの画像
最小限のつなぎ目

つなぎ目が少ないためハンドピースの表面を簡単に清掃することができ、衛生的です。また、耐久性も向上します。

ハンドピースのつなぎ目の写真

短時間で作業効率を高める
KaVoメンテナンス・滅菌システム

インスツルメントの使い回しは、感染リスクを高め、故障の原因にもなります。大切なインスツルメントを守り、 作業負担を軽減するKaVoのメンテナンス・滅菌システムは感染リスクの少ない環境作りをサポートします。

STOP!!使いまわし

感染リスクの少ない
診療環境がわずか20分で

「患者さまを診察している間に洗浄・滅菌が完了する」洗浄・滅菌サイクルづくりをカボはサポートします。

  1. 外装部の洗浄 Washing-Time

    流水下で約1分間外装部を
    歯ブラシ等で洗浄します。
    60~70%のアルコール溶液に
    浸した柔らかい布で外装部を
    拭き取ります。

  2. 内部オイル洗浄・注油 QUATTRO-Time

    内部のオイル洗浄及び注油が
    2分間で完了します。

  3. 滅菌 Steri-Time

    滅菌パックに入れて約10分間
    で滅菌は終了します。
    ※滅菌パックモードで使用した場合

  4. 保存 Ready-Time

    インスツルメントは新たに
    安心して使える状態になりました。
    滅菌パックに入れた状態で
    次の診療まで保管します。

※内部洗浄・消毒(internal cleaning / internal disinfection)を行う場合は、ISO15883-1に準拠したMiele社の
器具除染用消毒器 (ウォッシャーディスインフェクター)の使用を推奨しています。

Read more
カタログの写真

滅菌システムカタログ

歯科用ハンドピース製品
「滅菌・水消毒リーフ」

※無料登録サイトへご登録の上、ダウンロードください

Download

KaVoハンドピースユーザーさま
向けのメンテンス動画

適切にお使いいただき、適切なメンテナンスを実施いただくことで、 患者さまやスタッフに安全で快適な環境をもたらし、修理コストの削減にも繋がります。
※無料登録サイトへご登録の上、ご視聴ください。

Read more

  KaVoトリートメント
ユニットの衛生管理

KaVoトリートメントユニットは給水系(水消毒システム、自動フラッシング機能)に加え、
排水系(デカセプトルゲルを用いたハイドロクリーン、
アクアマット、強力なバキュームシステム)で、総合的な衛生管理が行えます。

2つのKaVo水消毒システム

2つのKaVo水消毒システムのイメージ画像

KaVoは1986年より、ドイツのRKIに準拠する水消毒システムを搭載し、トリートメント
ユニットの衛生管理に取り組んでいます。常に給水管内を清潔に保つ水消毒の機能(常時水消毒機能)と休診日前に少し濃度の高い過酸化水素水で漬け置き処理する集中水消毒システムを合わせて装備しており、いつもきれいな水で治療できるよう、診療時と休診時ともに二重の対策がとられています。

※ロベルト・コッホ研究所(Robert Koch Institute)。ドイツの中央監視研究機関であり、感染症や非感染性疾患のための連邦政府機関で、医療従事者と患者を守るためのガイドラインを発行している。

  • 一歩進んだ衛生管理
    2つのKaVo
    水消毒システム

    スタンダードプリコーションの
    実践に向けて。

    Read more
  • 排水ラインの衛生管理
    (バキューム・排水管)

    専用洗浄液のデカセプトルゲルを使用したハイドロクリーン機能や患者さんごとに水によるホース洗浄ができるアクアマットにより、排水ラインの洗浄が効率よく簡単に行えます。

    Read more
  • 6つの衛生管理機能を
    一括管理
    (エステチカ E70/E80 Vision)

    Read more
カタログのイメージ画像

トリートメントユニットの衛生管理
水消毒システムの効果に関する研究

※無料登録サイトへご登録の上、ダウンロードください。

Download

強力なバキュームシステム
(エアロゾルの口腔外への拡散を防ぐ)

INTERVIEWお客様の声

KaVoの高品質、安全性、正確性を、実際にご体験されたKaVoユーザーの先生方の声をご紹介いたします。

熊本宏美さんのお写真

小林歯科医院 歯科衛生士熊本宏美さん

患者さんにもスタッフにも安全な衛生管理

Read more
橋口朋典 先生のお写真

橋口歯科医院橋口朋典 先生

歯科医師に寄り添った機材

Read more

PRODUCTSKerr 感染予防製品

3Dラバーダムシステム

ADA(アメリカ歯科医師会)*の新型コロナウイルスに関するガイダンスに、
ラバーダムは、エアロゾルや飛沫感染対策に効果的であると記述されています。

ラバーダムの製品写真ラバーダムの目的
  • 唾液からの感染予防、特に根管治療
  • ファイルやバー等の誤飲防止
  • 薬剤や切削器具から口腔粘膜を保護
  • 接着を阻害する水分を排除、接着エラー防止
  • 舌や頬に術野を邪魔されず、治療に集中
  • デンタルミラーの曇り防止
  • エアロゾルや飛沫感染対策
オプチダムの製品写真オプチダム
  • Kerr独自の立体的な3Dデザイン
  • ラバーの張りが弱く、無理な力を生じない
  • パンチ、テンプレート不要、ハサミで簡単穴あけ

オプチダムの装着を解説した
テクニカルガイド
(鷲野 崇 先生 監修)

※カタログ内のフィックスアフロスにつきましては販売を終了しています。

*DHCP should use rubber dams if an aerosole-producing procedure is being performed to help minimize aerosol of spatter.(ADA Interim Guidance P6参照

Read more

ピナクル感染予防製品

ユニット関連、診療室周辺用の感染対策保護カバーにより、汚染から守ります。

ピナクル保護カバーの製品写真ピナクル保護カバー
  • ユニット関連の感染対策保護カバーです。
カバーオールフィルムの製品写真カバーオールフィルム
  • 院内の接触部分に貼って剥がして汚染から守る

    アルコールで拭く
     貼って剥がす

    いずれも汚染から守る
    目的は同じ

  • ロール状のフィルム、ミシン目を手でカットして使用
  • 糊を使わず、簡単で衛生的
  • 38μmのフィルム状
    (参考:一般的家庭用ラップ10μm)
  • ラインナップは選べる2色

    クリアー:目立たない

    ブルー: 目で見てわかり、貼り忘れ防止

Read more
L&R超音波洗浄システムの製品写真

L&R超音波
洗浄システム

Read more

ピナクル製品の使用方法について
ご覧いただけます。
(岩田歯科医院 岩田 淳先生)