メンテナンスKavo

mekkin_1_2

感染予防対策のため、ハンドピースの滅菌は重要です。

交差感染防止のために予防対策を行うことは、患者さんの安全はもちろんのこと、スタッフの安全を守ることにもつながります。また、滅菌対策を行っている医療機関は患者さんの信頼感の向上や、優秀なスタッフの確保にも寄与します。医療機関の品質向上のためにKaVoは滅菌対策を強力にサポートします。

このようなことでお困りではありませんか?

感染対策を始めたいが、何から手をつければ良いか分からない。 常に滅菌を行うと器具の劣化が心配。 ランニングコストが高額になるのでは…

KaVoでは滅菌対策に必要なソリューションを提供しています。

滅菌に適したインスツルメントの購入キャンペーン 滅菌対策セミナーのご案内 それぞれの病院に適した滅菌ワークフローの提供

これからもKaVoでは滅菌システム導入をお考えの先生方をバックアップしていきます!

滅菌ワークフロー

1 流水でしっかり洗浄
付着した切削粉や唾液、血液などをしっかり洗い流します。
2 内部のすみずみまで注油。
インスツルメントを長く使い続けるためには、インスツルメント内部への注油が欠かせません。 クアトロケアプラス
3 完全に滅菌。
クリーンな蒸気による滅菌。高い乾燥性能。 ステイティム900J
4 殺菌下で保管。
滅菌パックに入れた状態で次の診療まで保管します。

製品カタログ

製品カタログのダウンロードにつきましては、カボ無料登録サイトにご登録の上、ご利用下さい。 詳しくはこちらから