カボデンタルシステムズジャパン株式会社/ KaVo Dental Systems Japan

Facebookページ
Home KaVoについて ≫ 100年の歴史

100年の歴史

100年以上の歴史のなか、革新的な技術開発と優れた歯科製品をお届けしてまいりました。今後もグローバルトップブランドならではの技術力と実績をもとに、皆さまの診療に役立つ優れた製品を開発しお届けしてまいります。

100_1

1891年

ロバート&ジョン カーが、米国ミシガン州に世界初のガス式ポーセレンファーネスを開発し、Kerrの前身となるThe Detroit Dental Manufacturing Companyを設立。
歯内療法でグローバルスタンダードとなっているKファイル(「K」はKerrの名前に由来)を発売しました。(Kerr)

1909年

アロイス・カルテンバッハがベルリンにKaVoを設立。
デンタル分野のマーケットリーダーとなりました。
1909年

1928年

世界で初めて滅菌可能なハンドピースを発売しました。
100_2

1936年

初のトリートメントユニット製品「1001」を発売しました。
100_3

1946年

ドイツ南西部に位置するビベラッハに本社を移転しました。

1952年

オールインワンユニットのコンセプトを初めて実現したトリートメントユニット製品
「1010」を発売しました。
100_4 100_5

1961年

世界で初めてのパノラマ撮影装置「OP-1」を発売しました。
(Palomex社:現PaloDEx社 KaVoグループ)
1965年

1965年

世界で初めて患者さんが寝たまま治療ができるトリートメントユニット「1025」を発売しました。
診療における人間工学を重視した技術革命の始まりです。
1965年

1975年

ブラケット、ボンディングチューブのグローバルスタンダードとなる「オーメッシュ」を発売しました。(Ormco)

1977年

自由にハンドピースを接続でき、今日のグローバルスタンダードとなっている
「マルチフレックスカプリング」を初めて発売しました。
100_6

1979年

世界初のチタンモリブデン合金ワイヤー「TMA」を発売しました。(Ormco)
TMA

1980年

パワー、精巧性、操作性、デザインが見事に調和した伝説のトリートメントユニット
「REGIE 1050」とキャビネットシステム「ドミノ」を発売しました。
100_7

1982年

世界で初めてタービンへのライト組み込みに成功しました。
この技術は全てのインスツルメントに採用され、治療時の術者のストレス軽減に貢献しています。

1985年

世界で初めて0.6ミクロンフィラーを含むマイクロハイブリッド コンポジットレジン
「ハーキュライト」を発売しました。(Kerr)
ハーキュライトXRV

1986年

トリートメントユニットにオキシゲナルを使用した水消毒システムを初めて搭載しました。

1993年

世界初のクロスマウント運用となる咬合器プロターを発売しました。

1992年

世界初のウェットボンディング一液性コンポジット充填用アドヘーシブである
「オプチボンド」を発売しました。(Kerr)
オプチボンドソロプラス

1994年

“ISO 9001”および“EN 46001”を取得しました。(KaVo)

コンピューター援用システムを用いて人種的、解剖学的に分析した平均値を矯正装置のデザインに初めて応用した「オーソス」を発売しました。(Ormco)
オーソス
変体温度設定が正確で、負荷時と除荷時の力の差がない温度活性型超弾性ワイヤー
「カッパーナイタイ」を発売しました。(Ormco)

カッパーナイタイ
世界で初めて高い操作性で窩洞の隅々まで充填できるフロアブルコンポジット
「レボリューション」を発売しました。(Kerr)

レボリューション

1997年

世界で初めて人間工学を実現した新しいユニットシリーズ「エステチカ」を発売しました。
患者さんだけでなく、術者にも優しいKaVoトリートメントユニットの新しい潮流です。
1997年

世界初 のシングルユースであるアドヘーシブシステム
「オプチボンド ソロ プラス ユニドース」を発売しました。(Kerr)
オプチボンドソロプラスユニドース

1998年

世界で初めてソフトレーザーによる齲蝕診断補助を実現した「DIAGNOdent」を発売しました。
100_8

2002年

世界で初めて5軸加工を導入し、平行性の悪いブリッジを含めて納得の適合を実現でき、歯科技工のCAD/CAMの新時代の幕開けとなるCAD/CAMシステム「エベレスト」を発売しました。
100_9

2003年

歯科業界で初めて超音波による下顎運動の計測を実現した「アルクスディグマ」を発売しました。

2004年

世界で初めてすべての修復物に使用可能なセメント、ペーストタイプのセルフアドヒーシブ レジン セメント「マックスセム」を発売しました。(Kerr)
マックスセムエリート

2005年

高周波音を解消し、以前は考えられなかった水準まで騒音を抑えた
「GENTLEsilence LUX」を発売しました。
100_101

2007年

インプラント、マイクロスコープなど進化する治療を統合できる新しいトリートメントユニット「KaVo ESTETICA E80」を発売しました。
最先端のエックス3Dエックス線イメージング技術、人間工学に基づくデザインを採用した「KaVo 3D eXam」を発売しました。
2007年

2009年

100周年を迎えました。
全世界で10万台以上のトリートメントユニット、6万台以上のCTとパノラマ、1000台以上のCAD/CAMをご愛用いただき、毎年10万本以上のインスツルメントをご購入いただいています。(KaVo)世界で初めてボンディング材なしで充填できるセルフアドヘーシブ フロアブル コンポジットレジン「バーティス フロー」を発売しました。(Kerr)
バーティス フロー

スライド部分までセラミックでできており、優れた審美性を持つパッシブセルフライゲーションブラケット「デイモンクリア」を発売しました。(Ormco)
デイモンクリア

2010年

世界で初めて超音波下顎運動計測装置と筋電計EMGが連携した「アルクスディグマⅡ」を販売しました。
arcusdigma2

2011年

サスペンド式チェア採用により、術者の身体への負担も大きく軽減したユニットシリーズ「エステチカ」が、先生方の自然な姿勢を健康的にサポートできる機能が評価され、歯科業界で初めて「脊椎に優しい作業環境を提供する」としてAGR認定を受けました。
agr

2013年

5軸運動による精密な加工を可能としたARCTICA CAD/CAM systemを発売しました。
効率的なワークフローを実現し、歯科技工所および歯科医院の将来性を大きく広げることができます。高精度、そして高い柔軟性を兼ね揃え、デジタルインテグレーションによる拡張性を通じ、1つのシステムで多くのアドバンテージを提供する新しいソリューションです。(KaVo)
2013_kavo_1

エックス線を使用しない歯科診断用口腔内カメラ「KaVo ダイアグノカム」を発売しました。これまでにない画像診断機器で、咬合面からの撮影により、歯肉縁上の隣接面カリエス、咬合面カリエス、二次カリエス、クラックの描出が可能です。繰り返し撮影しても放射線の心配がなく、患者さんに安心してご利用していただけます。 (KaVo)
2013_kavo_2

業界で初めてウルトラキャパシタを採用(特許取得)したLEDの光照射器
「デミ ウルトラ」を発売しました。(Kerr)
2013_kerr_1

2014年

世界で初めてパッシブセルフライゲーション、スクエアスロットのブラケットにリンガルストレートワイヤーを融合させた「アリアス」リンガルブラケットシステムを発表しました。(Ormco)
2014_ormco_1

新コンポジットレジン充填システム「ソニックフィル」を発売しました。
高技術のKaVoハンドピースと高品質のKerrコンポジットレジンとの融合製品です。
(Kerr)
2014_kerr_1

2015年

長年世界で愛され続けた「KaVoジェントルパワーLUX 25LP」の後継機種として、
「KaVo マスターマティック LUX M25L」とヘッドサイズを当社従来品比43%の小型化を実現したミニヘッド5倍速コントラアングル
「KaVo マスターマティック M05L ミニ」を発売しました。(KaVo)
2015_kavo_1

流動性と賦形性、相反するニーズへ1本で対応するナノ・ハイブリッド フロアブルレジン「ハーキュライト ウルトラフロー」を発売しました。(Kerr)
2015_kerr_1

レジン強化型グラスアイオノマーセメントである「ネクサス RMGIセメント」を発売しました。弊社特許であるネクサステクノロジーの酸化還元システムを取り入れたデュアル・アドヒーシブシステムです。(Kerr)
2015_kerr_2