アルクスディグマⅡKavo

アルクスディグマⅡ

アルクスディグマⅡは超音波測定によるデジタル顎運動測定器です。歯科診療に求められる的確かつすばやい診断を実現するため、前機種のアルクスディグマⅠに様々な新しい機能を搭載しました。

難しいとされている「正しい咬合採得の根拠」を科学的に解析したい、「噛みたい位置に噛ませる治療」を志している先生方に是非お使いいただきたい装置です。

機能

  • 咬合器用レポート作成
  • 咀嚼運動による顎位の決定
  • ゴシックアーチによる顎位の決定
  • 下顎ポジションの決定
  • 顎運動分析
  • EPA(複数の顎位を同座標で比較)
  • 筋電計(別途オプション)

特徴

  • タッチパネル式のコンパクトな筐体
  • ブレなくホールドするヘッドマウント部
  • 周囲の環境に左右されない超音波測定方式
  • リアルタイムに顎運動をビジュアル表示
  • プロター咬合器とのスムーズな連携

製品情報

KaVo アルクスディグマⅡは、下顎の動きを可視化します。

KaVo アルクスディグマⅡは、
診療のさまざまなニーズに応え、
USBやデータをメモリーカードに保存するだけで、
PCに取り入れて管理することができます。

機能計測システム

歯科診療において的確かつ素早い診断は非常に重要です。
そのためには、迅速な所見と精密、
確実な記録が必要となります。

KaVo アルクスディグマⅡは、
機能計測システムと専用ソフトウェアによって
構成されています。

専用ソフトウェア

補綴治療のためのデータ採得

院内の咬合器が患者様の役目を担います。

短時間で、咬合器の調節に必要な矢状顆路、
側方顆路、イミディエートサイドシフト(ISS)などの
重要な調節値を確認でき、データとして記録できます。

他メーカーの咬合器の調節値も、
プログラミングすることができます。

補綴治療のためのデータ採得

咬合器調節値データが自動的に作成されます。
レポートは、保存・出力はもちろん、
ラボに送ることもできます。

データの曲線は、顎関節(TMJ)および切歯点における、
全ての関連情報を表しています。

院内の咬合器が患者様の役目を担います。

下顎位の決定を簡単に。

ガイデッドセントリック

術者の誘導による顎位(黒の十印)は、前方への動きとの相関関係にて表示されます。
その位置は必要に応じて動かすことも可能です。
あとに続く計測(緑の十印)では、コンピュータにより、登録位置にトランスファーできます。

ガイデッドセントリック
アダクションフィールド

最大20回の開閉口運動のあと、
インサイザルエッジの後方20mmに
水平面に位置する点が表示されます。
分析精度は、開閉口運動が増すほど向上します。

座標点の評価における境界は、自由に選択できます。
複数回の最大開閉口運動又は
タッピング運動から咬合採得する顎位が算出されます。
連続計測により、下顎の最新位置(黄の十印)が表示されます。
咬合採得材料を上下歯列間にのせ、
緑色の中心に黒十印が位置するように動かします。

アダクションフィールド
ゴシック・アーチ

これは機能障害の症例のために考案された手法ですが、
無歯顎の症例にも適しています。
無歯顎の場合、患者様の口腔に
口内レジストレーション・サポートピンを設置します。

矢印は、前方運動と側方運動の交点が求められる
中心位を描いています。
連続計測(黄の十印)で、
下顎を中心位、または任意の位置に合わせ、
咬合採得材料を上下歯列間にのせます。

ゴシック・アーチ

インポート・エクスポート

院内PCで全ての計測値を保存・共有。

患者様から採取・記録・分析した全データは、読みやすい方式でアルクスディグマⅡ/KiDソフトウェアに保存されます。

患者様のデータは、院内のソフトウェアからもトランスファーできます。リプレーモードでは、全ての計測値を読み込み、表示することができます。

院内PCで全ての計測値を保存・共有

これによりドクターは、的確なアドバイスをスタッフに与えられるのはもちろん、ラボにも記録メディア等のデータを正しく渡す事ができます。受けた側もアルクスディグマⅡ/KiDソフトウェアを使えば、同じように分析ステップが実行できます。分析評価の共有、ラボへの指示等が、大幅に簡素化されます。

使用PC動作環境

ご使用に関しては以下の環境を満たしていることを、ご確認ください。

  • OS: Windows 7, Windows 8/8.1 32bit/64bit
  • CPU: 1GHz以上の x86 プロセッサ又は 2GHz以上の x64 プロセッサ
  • メモリ: 3GB以上のRAM
  • HDD: 30GB以上の空き容量のあるディスク領域
  • 画面解像度: 1280×1024 (SXGA) 以上
  • Windows Display Driver Mode (WDDM) 1.0以上のドライバを搭載した
    DirectX 9 グラフィックプロセッサ
*上記のPC動作環境は2017年2月現在のものです。
*ソフトウェアのアップデートにより動作環境は変更される可能性があります。
アルクスディグマⅡの導入に合わせてPCの購入を検討される場合は、弊社へ最新の動作環境をお問い合せ下さい。
認証番号:222AIBZX00026000