カボデンタルシステムズジャパン株式会社/ KaVo Dental Systems Japan

Facebookページ
Home 製品案内 KaVo製品 歯科用ユニット関連製品 歯科用ユニット ESTETICA E70 ≫ ハンドピースの回転数や診療ポジションをメモリー可能

ハンドピースの回転数や診療ポジションをメモリー可能Kavo

一目瞭然のコントロールパネル、治療ごとの設定が保存可能

KaVo ESTETICA E70の コントロールパネルでは、すべての機能が一目瞭然。大切な機能はダイレクトにアクセス可能、貴重な時間を節約できます。例えばドクターエレメントの設定保存機能。治療ごとにモーターの速度やトルクの設定を保存しておくと、治療に応じてワンタッチで設定を呼び出すことができます。KaVo ESTETICA E70はどのような診療手順でも高い効率性を維持できます。

インスツルメントの組合せが自在に変更できる。USB対応も可能

テーブルタイプでもカートタイプでも、ドクターユニットに搭載するインスツ ルメントの仕様にはほとんど制限がありません。インスツルメントホルダーに は5つまたは6つ(オプション)のインスツルメント(口腔内カメラを含む)をそのまま収納可能。しかもインスツルメントが6つでもテーブルエレメントの幅は変わりません。将来、組合せを変更しても簡単に対応できます。テーブルサイズが同じなので、いつでも必要に応じて変更できます。またご希望に応じてUSBインターフェースも搭載可能。追加のコンポーネントをシームレスに 統合することも可能です。さらにドクターエレメントは、サービステーブルと まったく同様に、どの方向へも正確・簡単に移動できます。

エンド治療にも対応可能

KaVo ESTETICA E70には統合型のエンド機能パッケージがオプションとし てインストールでき、エルゴノミックな治療をさらに最適化。動線を大幅に短 縮することでワークフローを円滑化します。また、エンド治療用の装備を追加 する必要もなくなります。